乳児湿疹の原因とは?

 

乳児湿疹にはさまざまな症状が含まれており、その症状によって原因も変わってきます。乳児湿疹による症状別の原因を見ていきましょう。

 

新生児ニキビ

新生児期にみられる赤いニキビのような発疹の症状で、母乳から得られる女性ホルモンが皮脂の分泌を過剰にすることで起こります。

 

乳児脂漏性湿疹

生後2〜3か月ころまでに、新生児ニキビと同様に多く見られ、こちらもママの母乳からの女性ホルモンによって過剰分泌された皮脂が、肌の表面や毛穴に溜まってしまい、かさぶたのような状態になってしまう状態です。

 

あせも

自分で体制を変えることができない赤ちゃんに多くみられる症状で、首の周りや背中、おしりなど、蒸れやすい状態の場所に多くできます。赤ちゃんは大人に比べて汗をかきやすいため、蒸れやすい部分にかゆみを伴うあせもができやすいことが原因です。

 

アトピー性皮膚炎

赤ちゃん自身がアトピー性の遺伝子を持って生まれてきていることが原因として考えられています。母乳やミルクなどの食事だけではなく、ホコリやハウスダスト、ダニなどのアレルギー物質によっても引き起こされてしまいます。

 

原因を知ることで、その症状に合った対応ができるため、赤ちゃんの乳児湿疹の症状がどのようなものか、しっかりと把握しておきましょう。

 

子供たちに使っている保湿剤の体験レビューはこちら>>>